東日本大震災より3年が経ちました。

震災避難者の立場から、震災に関わる、すべての犠牲者、すべての被害者の皆様に、謹んで哀悼の意を表します。

私自身、3.11当時は宮城におりました。その後、紆余曲折あって札幌に避難し、今はこうして家族と無事に生計を立てられていますが、ひとつ間違えば今ここにいることも出来なかったでしょう。

過去を悼みつつ、自分に与えられた現在と未来を精一杯生きていきたいと思います。

 

札幌パソコンサポート代表

平山 淳一

2014年3月11日