こんにちは、平山です。

ありがたいことに、ここ半月はパソコンサポートのお仕事が非常に忙しく、ブログはずいぶんご無沙汰してしまいました。

札幌パソコンサポート・パソコン修理・パソコントラブル対応のプロ業者

さて今回は、昨日対応したばかりの対応内容。

NEC製XPパソコンでWindowsUpadateを適用すると、ネットに繋がらなくなる場合がある

サブタイトルの通りです。NEC製の、2002年前後に発売されていたWindowsXP搭載のパソコンをアップデートして、ServicePack2またはServicePack3にすると、インターネットに繋がらなくなってしまう場合があります。ネットワーク接続は出来ているのに、なぜかブラウザやメーラーを立ち上げると表示できない・・・そんなトラブルのご相談が、過去に何度もありました。

この場合、パソコンやルーターのインターネット設定や無線LANの設定をいくら見直しても、問題はみつかりません。こういった特殊な組み合わせが元で起こるトラブルは、ネットで症状を元に検索しても、解決方法はご自分ではなかなか見つからないのが、困りものです。ちょっとパソコンに詳しい方でも、なかなか原因に気づけないことが多いです。

(備考)Windowsの「サービスパック」とは

以下、IT用語辞典「e-Word」より抜粋。

Microsoft社のソフトウェア製品が発売された後に公開された修正プログラムをまとめたもの。製品別に提供されている。ある程度の規模のソフトウェア製品は発売後に不具合が発見されるのが普通で、その都度対策プログラムが公開される。これがある程度の数集まったところでまとめて提供するのがサービスパックである。

簡単に言えば、ウィンドウズが発売されてしばらく経つと、無料で「パワーアップ版」 に出来るというわけです。それが「Service Pack(サービスパック)」です。SPとも略されます。2013年10月現在、WindowsXPはSP3まで、WindowsVistaはSP2まで、Windows7はSP1までがすでに配布されています。Windows8は今のところSPはありませんが、近日「Windows8.1」という形で無料バージョンアップされることが決まっています。

SP(サービスパック)は基本的に「WindowsUpdate(ウィンドウズアップデート)」を利用して導入します。現在の自分のパソコンのOSがどこまでSPを適用されているかは、コントロールパネルの「システム」のプロパティで確認できます。

IMG_4712

サービスパック3まで適用したXPパソコンのシステムプロパティ。今回はNEC製「PC-VL3005D」でした。

 

原因は「PCGATE Personal」これをアンインストールしよう

種明かしをすると、当時(2002年前後)に発売されていたNEC製パソコンには、あらかじめセキュリティ(ファイアーウォール)ソフトの「PCGATE Personal」がプリインストール(出荷時に導入されていること)されていました。これが、SP2、およびSP3に対応していないために、通信の不具合が起きてしまうのです。

発売から数年以上が経ち、さまざまな不具合が出たために、修理などでOSをリカバリしよう、再インストールしよう、となった際に、このPCGATEの問題に気づかず、「どうして???治したはずなのに???」となってしまう方が多いようです。

解決方法は、コントロールパネルから、「アプリケーションの追加と削除」で「PCGATE Personal」を削除してしまうことです。サービスパック適用前でも、適用後でもかまいません。そうすると、ネットワークに繋がるようになります。

知っていれば簡単なことですが、それが難しいんですよね・・・