こんにちは、平山です。

札幌パソコンサポート・パソコン修理・パソコントラブル対応のプロ業者

当店では電子メールのトラブルやお悩みもよく寄せられます。

迷惑メールへ対策・その1「捨てアドレスを使う」

皆さんは、インターネット回線を契約した際に、プロバイダ業者から一つのメールアドレスを発行されていると思います。もうひとつ、それ以外のメールアドレスを取得して、使い分けをすると便利です。

つまり、色々なホームページやお店や懸賞などへの申請に使うための「迷惑メールやダイレクトメールが来る事が予想されるメールアドレス」と、仕事やプライベートで色々な人とやり取りする為の、「迷惑メールをなるべく排除したいメールアドレス」を別々に分ける、ということです。

捨てアドレスの方は、極端な話、迷惑メール”しか”受信しないので、どれだけ迷惑メールを受信しようが、放っておけば良いわけです。迷惑メールと大事なメールと混ざってしまうことが無いのなら、実質的に困る事はありませんし、目障りなら、受信メールの全てを消してしまえば良いわけです。

迷惑メール対策の基本としてメールアドレスの使い分けが挙げられます

迷惑メール対策の基本として、メールアドレスの使い分けが挙げられます。平山の場合は、仕事用、個人用、ヤフーオークション連絡用、外部サイト登録用、オンラインゲーム用(完全匿名)など、10個以上のアドレスを使い分けています。

なお、世間で最も有名な無料メールサービスとして、Gmailというものがあります。これはGoogle(グーグル)社が無料で提供しているメールサービスで、受信容量も豊富で、迷惑メール対策機能もついています。こちらで取得したメールアドレスを本アドレスとして名刺に載せる人も多い程です。他にもYahoo!メールなど、無料メールサービスは多数存在します。

登録のしかた、使い方でご不安な点があれば、サポートいたします。

 

次回は「メールソフトの迷惑メール対策機能」と、おすすめの無料メールソフトについて