こんにちは、iPhoneユーザーの平山です。

世界で一番普及しているスマートフォンと言えばiPhoneです。

ちなみに、奥さんはその対抗陣営、Andoroidのスマートフォンを使っています。

 

札幌パソコンサポート代表・平山淳一

 

そんなスマートフォン大好き一家の平山ですが、最近、何軒かのお客様のお宅にお伺いして、気づいた点があります。

自宅でせっかく無線LANを導入しているのに、手持ちのスマートフォンにWi-fi(無線LAN)の情報を登録していない方がかなりいる、と言うことです。

スマートフォンも無線LAN接続!

ノートパソコンだけでなく、スマートフォンも無線LAN接続するとお得ですよ!

 

なぜ自宅の無線LANに繋ぐとお得なのか?【LTE回線などとWi-fi回線の違い】

スマートフォンを自宅の無線LANに接続していない方は、多くの場合「わざわざそんな面倒そうな事をしなくとも、実際、スマートフォンでインターネット出来ているし、何も困らないんじゃ?」と思われているようです。

果たして本当にそうでしょうか?無線LANを使った場合と、そうでない場合(LTE回線や4G、3G回線)を比較してみましょう。(※以下は一般論です。お客様の回線契約の形態や利用環境によって異なる場合があります)

いわゆる”普通の回線”の場合(LTE回線、3G回線、4G回線)

  • 通信料金は使った分だけ払う”従量制”(上限に達した場合はそれ以上増えない料金コースが普通です)
  • 回線スピードが遅いため、動画の表示が遅かったり、画像品質が落ちたりします。
  • 通信量に制限があり、短い期間に沢山の通信をすると、その後の通信スピードが極端に遅くなるなどの、ペナルティが付きます。
  • 電波さえ入れば、屋外でもどこでも使えるのがメリット。

自宅や公共の無線LAN(wi-fi)回線に繋いだ場合

  • 通信料金は自宅で契約した”定額制”のネット料金に含まれます。※ほとんどのお宅が定額制コースで契約していると思われます。
  • 回線スピードが早く余裕があるため、動画の再生もスムーズで、SkypeやLINE等の無料通話も安定して使えます。
  • 通信量制限が、モバイル回線より緩い。かなり多めにYoutubeなどの動画を見ても、大丈夫。
  • ただし、設置した無線LANルーターの半径数十メートルでしか使えない。

結論としては、外出時はLTEや3G・4Gで接続し、在宅時は自宅のWi-fiルータ経由でインターネットに繋いだ方が、料金の面でも、通信スピードの面でも、制限の面でも、お得になる場合がほとんどです。

特に面倒はありません!一度登録してしまえば自動で切り替え可能

・・・と、Wi-fi接続のメリットを聞いても、「なんか難しそう・・・」と敬遠してしまう方もいます。たしかに”知らないこと”に挑戦するのは、ちょっとした勇気がいることですよね(大げさかもしれませんが、お客様によっては本当に”怖い”と感じるものです)

でも、最初に登録作業だけしてしまえば、後は何も難しいことや大変な事はありません。どのメーカーのスマートフォンも、自宅に着いたら自動で自宅の無線LAN回線に繋がりますし、逆に自宅を出かけた時は、自動的に普段のLTE回線や3G回線に戻る・・・という風に、勝手に切り替わってくれる機種がほとんどです。

外出時はLTE回線で接続

外出時は、画面の左上の方に「LTE」と表示されているが・・・

wifi03

自宅に帰れば自動的に扇形のwi-fiマークに!

登録方法が分からなければ、札幌パソコンサポートまで。

ご自宅の環境、インターネット回線、無線LANルータの機種、スマートフォンの機種によって、設定の方法は変わります。(基本的な考え方はみんな同じですが、どこのボタンをどう押すか、などの手順が変わります)ご自身での判断や作業が難しい場合は、こちらまでお問い合せ下さい。長い目で見れば、当店のサポート料を考えても、元が取れると思います。

お問い合せはこちらから。