パソコン修理の、その前に。

チェックしておきたい点を挙げておきます。

パソコン修理の前にチェックポイント

もちろん、直接お電話などでご相談頂いても構いませんが、

全体のご相談の1~2割は、非常にカンタンに直るケースです。

カンタンに解決するなら、お客様の費用も、お問い合せの時間も掛けずに済みます。

試してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

 

さてそんなわけで、札幌パソコンサポートでの過去の対応例から、いくつかのチェックポイントを挙げておきます。

 

 

1,ケーブルがゆるんでいないか

意外と見落としがちですが、実はかなり多いケースです。

一見、きちんと繋がっているようでも、

  • ノートパソコンの電源アダプターの接続部分がゆるんでいる
  • パソコンとの差し込み口がゆるんでいる
  • LANケーブルの差し込みのツメが取れてしまっている
  • 電源タップが故障している

こういった理由で、パソコンが起動しなかったり、インターネットに繋がらなかったりする場合も、しばしば見かけます。

まずはケーブルの接続を確認し、電源タップ無しで別のコンセントに差し込んでみましょう。

 

2,充電は十分か

古いパソコンになると、充電池やコンデンサが劣化しているため、一度バッテリーが空になると中々再起動出来ない場合があります。

また、ノートパソコンをずっと電源コンセントに繋いでいたつもりでも、、ケーブルがゆるんでいるのに気づかず、バッテリーを使い切ってしまっている場合もあります。

まず、上記1の内容を確認し、数分~数十分まってから、電源を入れてみましょう。

 

3,通信機器を全て再起動してみたか

インターネットトラブルの場合、まずするべき事は、通信機器の再起動です。

パソコンが時々フリーズしてしまうように、

(最近の機種ではめったにそういうことは減りましたが)

モデムやルーターなどの通信機器も、熱暴走やエラーで止まってしまうことがあります。

ネットワークトラブルの際は、インターネット関連の通信機器の電源を全て切り、通信回線の上流側から、2~3分ずつ間隔を開けて電源を入れて行きましょう。

 

4,外せる物を全部取り外してから起動してみる

パソコン本体のトラブルではなく、周辺機器や内蔵バッテリー等に問題があって、パソコンの動きがおかしくなる場合があります。

変わった例では、無線式マウスを外したら普通に動くようになった、というケースも。

え?こんなものが?と思うかもしれませんが、パソコンに付いている機器やパーツを出来るだけ取り外して、再起動してみましょう。

マウスの交換で済むなら、わざわざパソコンを修理工場に送る必要もありません。

 

5,ゴミは詰まっていないか

特に夏場に多いですが、パソコン内部にホコリやゴミが詰まっていると、

内部の熱がこもってしまい、正常に動作しなくなる場合があります。

これは、デスクトップパソコンでも、ノートパソコンでも同じです。

 

パソコンは、元々内部を冷やす必要がある機械なので、

外部から空気を取り込む機構がほぼ必ず存在し、

自然と、ホコリも溜まりやすくなるのです。

 

パソコンのスキマ、吸気口から、内部の様子を確認してみましょう。

そして、可能であれば、パソコンの電源を必ず切った状態で

内部のホコリを、エアダスターなどで吹き飛ばしてみましょう。

 

 

 

 

これらの事を試したが直らない、

あるいは、

原因は分かったが自分では

分解清掃や部品交換が出来ない、などのお悩みはご遠慮なく、ご相談下さい。

 

その場合、

時間制料金の札幌パソコンサポートであれば、

原因が分かっている分、とっても安い料金で直すことができます。