こんにちは、札幌パソコンサポート代表の平山です。

札幌パソコンサポート・パソコン修理・パソコントラブル対応のプロ業者

データを消去せずにパソコンを廃棄すると、情報漏洩の原因になります。

古くなったパソコン、故障したパソコンを廃棄する際、そのまま廃品回収に出したり、知り合いに譲渡したり、リサイクルショップに持って行ったりすると、その後の持ち主や拾い主などにデータ復元をされてしまう可能性が残ってしまいます。

「電源を入れても画面が点かないから、データも取出しようがないはず!」…というのは大きな間違いで、パソコンを分解して記憶装置を取り出せば、そこからデータを復元したり、吸い出したりといった方法はあるのです。

起動しなくなったパソコンでも、分解して記憶装置だけ取り出せば、データが復元できる場合が多々あります。

「どうせ大したデータは入っていないから大丈夫」という油断が大きなトラブルに…

写真や書類など、目に見えるフォルダやデータを「消した」「無い」と思っていても、例えば、 そのパソコンでクレジットカードを使って買い物をしたことはありませんか? 年賀状ソフトにお知り合いの名前と住所は入っていませんか?もしそうでなくても、電子メールの設定はしていませんか?

クレジットカードを勝手に使われて金銭的な被害が発生したり、詐欺師集団が使う裏名簿に活用されて、あなたの名前やメールアドレスを使ってお知り合いに詐欺を働かれたり…等、そういった可能性やリスクはゼロではありません。

ダメな消去方法。ゴミ箱に捨てる、初期化(リカバリ)のみ

パソコンを起動している時に、ゴミ箱にデータを捨てたり、いわゆる「リカバリ(購入時の状態に戻す)」という作業などで、見た目上、データが消えたようにして、それで安心してしまう場合があります。

が、ごみ箱での消去や(「ごみ箱を空にする」をしても同じです)、通常の「初期化」の作業では、データは完全には消えません。いうなれば、基本的にそれらは過去のデータの上から薄くて真っ白なシートを被せて見えなくしただけのようなもので、復元ソフトなどを使うと、かなりの部分が復元できてしまうのです。

※一部のメーカー製パソコンのリカバリプログラムの中には「完全消去」が工程の中に選択肢として含まれているものもあります(全ての機種ではありません)。そういった機種であれば、リカバリだけでもきちんとデータ消去がされていると言えるので安心です

正しいデータの消去、処分方法は大きく2つ。

1、完全データ消去を行うソフトウェアを使う。

有料、またはネット上で無料配布されている、完全データ消去ソフトを使用して、データを完全に削除します。完了までかなりの時間がかかります(状態や記憶装置の容量にもよりますが数時間は掛かります)。
完全に削除すると、OSも消去されますので、パソコンが起動しなくなりますが、消去後にまたOSをインストールすれば、パソコンとして再び使用することもできます。

ほとんどの消去ソフトで「DoD方式」を採用しており、これはアメリカ国防総省で定めた規準に沿って、3回繰り返して「上書き」による消去を実施するというもので、この方式で削除してあれば、もはや復元はほぼ不可能と考えて良いです。
実際には非常に単純な、数値を書き込む作業を行うだけですので、ソフトウェアのお値段で結果が変わったりはしません。高いソフトだからよく消える、安いソフトだから消去後も復元できてしまう、という事はありません。DoD方式で消去作業を行えば、結果は同じです。

2、記憶装置を取り出して、物理的に破壊する。

ソフトウェアの消去は、結果が肉眼では分からない、という欠点があります。その点、直接パソコンを分解して中の記憶装置を破壊してしまえば、非常に分かりやすくデータが処分できたという実感が得られます。
パソコンを分解できる技術さえあれば、時間も大して掛かりません。ただしこの方法ですと、パソコンの再利用は難しくなります。再利用する場合は、新しい記憶装置を取り付ける必要がありますので、費用と手間が掛かります。

ハードディスク(HDD)はいつか壊れるもの
ハードディスクを、ハンマーやドリルで破壊します。内部のディスクが割れて「シャラシャラ」と音がするまで壊せばまず大丈夫です。

当店では両方を実施してから廃棄しています

パソコン修理の際に取り外した古いハードディスクや、お客様からデータ消去をご依頼された場合など、当店で何らかの事情でデータ消去を行う際は、出来る限り上記のソフトウェア消去と物理破壊の両方の措置を行ってから廃棄しています。

どちらか一方でも安全であると考えておりますが、念には念を入れ、さらに片方の方法では安心できないという方のご要望にも対応できるようにしております。