こんにちは、平山です。

札幌パソコンサポート代表・平山淳一

今日はちょっと趣向を変えて、私ヒラヤマの、とある1日の動きを紹介してみたいと思います。

自分はパソコンに詳しいから、ちょっと脱サラしてサポート業者になろうかな~?

なんてご検討中の方がいたら、ご参考にしてみて下さい。

 

パソコンサポートの業務内容

 

AM 9:00 出張対応:メール送信でエラーが出るというご相談

朝一番で、ご予約のお客様宅へご訪問です。

ご相談は「どうしても知り合いにメールを送ることが出来ない(送ると「MALER DAEMON」というメッセージが戻ってくる)」という内容。お客様のお話では「メールアドレスは間違っていないはず」とのことでした。

が、設定情報や、相手方の情報を確認してみると、

  • パソコン内のメール設定は間違っていない。
  • 相手方にブラックリストに入れられている可能性は低い。
  • セキュリティ設定にも問題はない。
  • 相手方が携帯メールだと、PCメールが拒否される場合があるが、それでもない。
  • メールを送れる相手と、送れない相手がいる。

・・・など、様々な角度から考えると、やはりメールアドレスのミスの可能性が高い・・・

そこで、過去の年賀状などを確認させて頂きました。その結果、やはりメールアドレスの登録ミスを発見しました。お客様の間違いを指摘するのは勇気が要りますが、問題解決の為には、お客様の自己申告を疑わなければならない場合もあります。

AM 10:30 出張対応:とある企業様で書類作成の代行。

夏はかきいれ時で手が足りない!という企業様のご依頼で、経理関連のエクセルデータの作成を代行しました。毎日の受注額や経費を入力すると自動集計してくれる収支計算書や、取引先住所録、車両の管理表など。

実際の業務に合うかどうか、ご依頼者様のご相談を受けながら、6種類の入力テンプレート(型)をその場で作りました。

エクセル書類の作成

最初に私が「型」だけを作っておき、皆さんで使い回しするという段取りでした。

 

PM 2:30 出張対応:故障パソコンの診断。修理のため、お預かり。

正常に起動しなくなったパソコンの修理について、出張お見積り。

症状から、部品(ハードディスク)の交換が必要と思われる為、その場でお客様に修理の期間と費用について、ご相談とお見積りをしました。なお、修理見積の際は、パソコン購入時の付属品の有無が大きく影響します。捨てずにきちんと取っておきましょう。ちなみに、それでも某電気店さんの提示より、当店の方が1万円ほど安かったそうです。

故障パソコンの修理

分解清掃、部品チェック。そして紛失されたソフト等を発注。

 

PM 4:30 お見積り:パソコン買換えのご提案と手配

先日、パソコンの買い換えをご検討中の方に、オススメのパソコンの最安値をFAXでご提案しました。情報元は価格.comなど。パソコンの価格はほぼ実費のみ(端数のみ切上げ)。私の取り分は、そのパソコンの取り付け、初期設定、ネット設定、プリンタ設定などの作業部分です。

そのお見積もりのお返事を本日頂いたので、さっそく発送の手配をしました。

パソコン買い換え

「自分ならこれを買います」というセレクトでご提案。パソコン本体については、マージンは頂きません。情報提供によって、パソコンサポートのお仕事を頂く事が目的です。

 

PM 6:00 次回の販促チラシの配布地域について電話打合せ

出張サポート業者にとって、広報は非常に重要です。とにかくまず知って頂かないと、仕事が入りません。当店ではチラシポスティングとWebでの広報がメインですが、その配布地域や配布時期は、慎重に見極めます。広報には多大な費用が掛かるため、中小企業の経営にとっては、一回の空振りでも大ダメージです。

幸い、親身になって当店のサービス内容に合わせたご提案をして頂けるポスティング会社様とお付き合いがあるので、電話とメールで、営業の方とご相談させて頂きました。

当社で企画・デザインしたチラシ

こういったフライヤーチラシのデザインも自分で行います。

 

PM 7:00 ブログ、Facebook等の更新

開店まもないWebサイトは、文章量も少なく、ドメインの歴史も浅いため、Google検索では他店に比べて非常に不利です。それを覆すには、とにかくマメな更新しかありません。(技術的、内容的に体裁が整っている事は、あくまで最低条件です)

ただ駄文を書くのではなく、お客様に役立つ、あるいは興味を持って楽しんで読んで頂ける記事を考えて、書くようにします。(さて、この記事はそういう意味では果たして「当たり」なんでしょうか・・・)

 

PM 8:00 経理・事務処理

売上や経費の精算、記録、顧客名簿の更新など。自営業なので全て自分でやります。

僕が一番ニガテな作業ですね。お客様と接している時の方がイキイキとしています。デスクワークでは、死んだ魚の目をしています。

奥さんが夕食の用意をしてくれているので、それを励みに、頑張って終わらせます。

 

 

 

 

さて、以上が、とあるパソコンサポート業者の一日でした。

人が増えれば、また違うんですけどね。当分は、このような毎日が続くものと思われます。

参考になりましたでしょうか?