こんにちは、札幌パソコンサポート代表の平山です。
パソコンやIT機器に関して、導入支援、設定代行などのお仕事をしています。

札幌パソコンサポート・パソコン修理・パソコントラブル対応のプロ業者

そんな中、しばしば、TVチューナーボード「PT3」の設定代行のご依頼が来ることがあります。
しかし当店では「PT3」「PT2」「PT1」また、その類似製品の取付代行、設定代行などはお断りしています。

はじめに。店舗におけるサービス設定の自由について

こういう事をおおっぴらに書くのは、お客様にとってはあまり気持ちの良いものでは無いかもしれませんが・・・どうしても必要な説明なので、先に述べさせて頂きます。もし腹立たしく感じる方がいらっしゃいましたら、この場を借りて、先にお詫びしておきます。

そもそも、通常のお店やサービス業者について「ご依頼があれば何でもしなければならない」と法律で決まっている訳ではありません。電器店はすべての商品を店頭に並べるわけではありませんし、お医者さんも、対応できる分野以外はお断りするのが普通です。

店頭にどんな商品を並べるのか、また、お店でどんなサービスを行うかは、よほど特殊な業種でも無ければ、経営者が自由に決めることができます。またその際に、「なぜAの商品(サービス)は提供し、Bの商品(サービス)は提供しないのか」といった説明は、わざわざ必要ありません。

なかには、努力目標として「提供サービスや商品を増やそう!」と考えるお店も多々あるでしょうが、それは自発的な努力であり、法律上の義務ではありません。本来、「しないものはしない」「できないものはできない」とお店側が言えば、それで終わりのことなのです。それが顧客満足や売上にどう影響するかは、あくまで店側で考える問題です。

しかしながら、今回はあえて、「なぜ当店では『PT3』という特定の製品の取り扱いをお断りするのか」という、裏側をお話したいと思います。そういったPT3に関連するご依頼をご検討されている方への説明を果たす事も、目的のひとつです。ご依頼をお断りする際に、「これは違法では無い(とご依頼者様は考えている)のに、なぜやってくれないのか?」とかなり強めのご質問、問い合せを受ける事が多いため、この機会に、店主としての見解をここで述べておきます。

PT3とは

有限会社アースソフト社が開発元のパソコン部品です。主にデスクトップ型、タワー型パソコンに取り付けることで、地上デジタル放送や衛星放送が見られるようになります。また、特徴の1つとして、これを使いこなすためのソフトが付属していません。ユーザーさんが別途、自分でソフトを用意して、この機械と組み合わせることで、機能を発揮します。

問題は、PT3の使い方によっては(何のソフトと組み合わせるかによって)、本来、地デジ放送には必須とされる「B-CAS」カードを使わなくとも放送を見ることが出来、他にも複製や編集などの様々なことが、「ダビング10」や「コピーワンス」などの、本来掛かるはずの規制なしで出来てしまう、という点です。※もちろん、やり方の詳細などはここでは記載しません。

PT3

B-CASカードについて

B-CAS社(株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ)が発行するカードです。これがなければ本来、地上デジタル放送は見られません。偽造、コピー、改造などは違法です。このカードが、暗号化された地デジ放送のデータを復号化(解読)することで、映像として画面に表示される仕組みです。

このB-CASカードの仕組みの導入にあたっては、B-CAS社が一社独占状態となり、独占禁止法違反ではないか、という議論も一部ではありましたが、少なくとも、現在ではこのB-CASを中心とした仕組みが合法化・完成されており、そこから外れることは認められていません。

bcas

PT3の違法性、合法性

PT3自体は暗号の解読を行わないため、「正規のB-CASカード」と「合法的なソフト」と組み合わせて使う限り、法には触れない、というのが、PT3合法論を推す方々の論拠です。ユーザーさんが、仮にB-CASカード無しで、暗号解読して、何の規制もなく映像のコピーや編集ができてしまうソフトと一緒に使ったとしても、それはユーザーさんが勝手にやったことであって、PT3そのものには違法性はない、とする考え方ですね。

実際、PT3はamazonや各パソコン機器店でも取り扱いがあり、過去数年間、取り締まられてはいません。この先どうなるかはともかく、PT3の販売と購入「まで」については、現在は合法的に行われています。

合法使用も可能だが、違法に使われる可能性が高い 。

・・・といった建前があるわけですが、しかし、通常のTVチューナーボードを購入せず、わざわざPT3を購入・設定しようとするからには、購入者の方は、失礼ながら、違法な使用方法をする可能性が高いと考えています。普通に合法的に使うなら、これ以外の、大型量販店でも取り扱っているような流通品でも構わないはずですから。

実際、当店へのご依頼内容としても、「『PT3』を買うところまでは出来たが、その先の、(B-CASカードを使わない・コピー規制などの掛からない)違法プログラムの設定が良く分からないのでやって欲しい」というお話が、ほとんどでした。(そもそもご依頼者自身に違法という認識が無かったり、B-CASが独占禁止法に触れているから構わない!という独自の法理論を根拠に当店への交渉を行ったり、ご依頼パターンは色々です)

こういった経験則から、当店でPT3導入の支援を行った場合、それが結果的に、犯罪の幇助になってしまう可能性が高いと、私は捉えています。この構造は、別の物で例えると、ファイル交換ソフト「Winny」などと似ていますね。Winnyのソフトそのものに違法性は無いと言いながらも、実際には違法な映像コンテンツなどの共有に使われている、という点で似ています。(当店ではファイル交換ソフトの設定代行も、お断りしています。逆に、Winny削除や使用禁止の設定は、お手伝いしています)

個人が使用する場合に比べ、当店のように「対価」を得て代行する業者の立場では、責任がより重くなります。

ユーザーさんが自分で作業する場合と、我々が「代行」して金銭的対価を得る場合では、事情が決定的に異なります。

これも例にとって説明しますが、漫画本や小説などの書籍をページ毎にバラバラに分解し、スキャナーで取り込んでパソコンやタブレットやスマホの画面で見られるようにする、いわゆる「自炊」と呼ばれる行為があります。この自炊行為について、本を買ったユーザーさん当人が行う場合は基本的に問題はありませんが、それを「代行」する自炊業者は、取り締まりの対象になるのです。

自炊の問題とPT3の問題では、対象となる法律こそ違いますが、一般的に、同じ事をユーザーさんが自己責任で行う場合と、代行業者が行う場合では、法的な責任や社会的な責任が変わる、というより、代行業者はより責任が重くなるということを、ご理解ください。

さらに当店の基本姿勢は「コンプライアンス重視」。公明正大をモットーにしています。

過去にも別の件で、当店のコンプライアンス(遵法精神)について解説した記事があります。それらに共通する精神、方針があります。

それは、お客様の個人情報のかたまりであるパソコンを預けて頂く業者として、「目先の売上の為にズルをしない」「ルールを守る」「変なことや怪しいことはしない」といった当たり前のことを徹底し、お客様との信用を大事にしなければならない、ということです。

YouTubeの動画をパソコンに保存したい、とか、映画DVDをパソコンに複製したい、などなど、たとえ世間一般で実行している方が沢山いるような事柄でも、ルール上「ダメ」とされていること、その恐れがあることは、お客様からのご依頼があったとしても、お断りしています。それで一時的にお客様にご不快とご不満を与えてしまい、当店の売上面での機会損失になったとしても、最終的にそれが「信用」に繋がれば良いと考えています。

結論・補足

以上のことから、当店ではPT3と、それに準じる機器の設定代行のご依頼をお断りしています。また、お客様にも、これらの機械の使用は、オススメしません。この記事についても、PT3などの機器の使用を推奨するものではありません。むしろ、法に反する可能性について、啓蒙する目的で掲載しています。

また最後に補足として、この記事自体が、こういった物(PT3など)の存在を知らしめてしまうことについてですが・・・

  • 当ブログの個別記事に訪れるほとんどの方は、検索で辿り着きます。つまり、最初からPT3などの存在を知っており、それについて調べる課程でここに訪れるパターンが多いです。
  • もちろん、詳細なやり方やソフト名は当記事に書いていません。
  • すでに様々な個人ブログなどにこの手の情報は溢れており、その中には、違法性などまったく認識せず(記事中で触れず)「オススメ」として紹介している所さえあります。誤った知識の流布に対しては、その反対の趣旨の記事も、必要かと思います。

これらの理由と、冒頭で述べさせて頂いた目的から、この記事を作成しても良い、作成するべきだと考えました。もし異論などございましたら、お問い合せフォームからご意見頂ければと思います。